【アナデン】よちよち歩き3ヶ月レビュー

アナデン

「アナザーエデン 時空を超える猫」(所謂アナデン)をはじめて3ヶ月。
今現在、メインシナリオ第2章中編攻略中です。
もうすぐシナリオに追いつきそうなので、3ヶ月プレイしてきたそのレビューをしたいと思います。

ちなみにアイキャッチは1周年ですが、3周年済みです。
個人的な好みでこちらにさせていただきました。

スポンサーリンク

基本情報 / 概要

基本情報

ジャンルシングルプレイ専用スマートフォンRPG
(ファンタジーRPG)
料金体系基本無料(アイテム課金)
対応OSiOS、Android
配信時期配信中
グラフィック2D
スタミナ基本なし
(特別ダンジョンへの移動に必要)
ガチャ要素キャラクタ加入
戦闘コマンドターン形式
前列4人+後列2人の6人編成
前後列ローテーションあり
移動キャラ操作形式
テレポートあり
主人公しゃべるタイプ

古典的な RPG タイプです。
コンセプトは「ソーシャルゲームをやめてみた」(企画当時のプロデューサー談)。

概要

主人公は現代、未来、古代の3つの時代を行き来しながら物語が進んでいきます。
第1部では1つの大陸が舞台となっており、各時代は以下のような様相です。

現代は所謂剣と魔法の西洋ファンタジーっぽい雰囲気の時代。
大地から出土する四大精霊の力が結晶化したものを利用(やさしくさわさわ)して人々は生活しており、その利用を巡って人間と魔獣が対立している。
主人公はこの時代の王都近隣の村出身。
建国記念祭の近づくある嵐の夜、主人公の暮らす村が魔獣に襲撃され物語が始まる…

未来は現代から800年後、アンドロイドやハイテク機器が存在する時代。
四大精霊の結晶体が枯渇し、地上は汚染され、人々は結晶体の代替エネルギーを糧に大地を浮遊させた浮遊都市で生活している。
合成人間と呼ばれる人工AIロボが人間に反旗を翻し対立している。

古代は現代の約20,000年前、四大精霊による恵み豊かな時代。
現代では滅びた四大精霊が生きており、恐竜が生息していたり、浮いたツボから無限に水が湧き出していたり、巻きワラ(鍛錬などに使われる藁を巻いたアレ)がしゃべったりする。
王の妻子が不幸な死を遂げたことで王朝に暗い影が落ちている。

なれそめ

ソシャゲは「GRANBLUE FANTASY(所謂グラブル)」を3年ほどやっていたのですが、熾烈なギルド戦に疲れ、最近のアプデやシナリオに心躍らずで、ちょうど少し時間も取れるので別ゲー触ってリフレッシュしようと思って始めたのがこのアナデンでした。

いいところ

美麗な 2D グラフィック

PS「聖剣伝説 Legend of Mana」, PS2「Venus & Braves」「オーディンスフィア」とか手描きタッチの世界観が大好きなので、2D グラフィック超大事!

フィールド上のキャラを操作しながら移動する懐かしのタイプで、移動中は地面に近めの視点なので、流れる空の雲や遠くの風景まで見渡せて、きれいな景色も楽しめます。
大型ボスや背景を見せたいときはカメラが引いたり、戦闘中は4人並んだキャラ同士が被らないようにカメラがやや上に移動したり、魅せ方にもこだわりを感じます。

キャラクターは主に2人のイラストレーターが担当されているそうで、アンドロイドとかカエル人間とか種族は色々いますが、まとまりある雰囲気に仕上がっています。
最近のソシャゲにありがちな大量イラストレーター起用で絵柄がバラバラなのはちょっと苦手なので、これも重要なポイントです。

SDキャラは3等身くらいで輪郭あわめのやさしいタッチです。

多関節アニメーション?みたいにぬるぬる動いて仕草がかわいいです。
私が好きなのはこちらのウソ泣きモーション。(つд⊂)エーン(つд・ヾ) チラッ

PvP がない

せっかくグラブルから逃げたので、PvP(対人戦)はやりたくない!

アナデンは対人戦どころか協力プレイも存在しない、完全シングルプレイです。
他のプレイヤ気にする必要がなく、無理してがんばったりとかしなくていいのでまったりプレイしたい人にはおすすめです。

イベント期限がない

期間限定のイベントがありません!

イベント(コラボ含む)はいつでもプレイ可能になっています。
「眠いけど、いつまでにあれしなきゃー、眠いけどー」や、
「いつになったらこの武器取れるイベント復刻すんの」や、
「このキャラかわいいのにコラボイベ復刻絶望的だわ」
といったことと無縁なのが嬉しいです。

ただ、キャンペーンだけは別でして、ガチャのピックアップ、石配布みたいなキャンペーンは期限が決まっています。

その他

選ぶキメテではなかったけれど、プレイしててよかったのはこちら。

  • 主人公がいい
  • BGMがいい
  • 外伝シナリオが好き
  • 配布キャラでもそれなりに遊べる
  • ドロップアイテムでキャラのレアリティを上げられる
  • ねこまみれ

主人公は固有名もあるし、勝手に動いてしゃべるタイプの主人公です。
第1部のラストは「あんた、間違いなくアナデンの主人公だ!」といった感じです!
男女問わず多くのキャラから好感を持たれているのに嫌味もなく、公式の人気投票で3年間1位、2位をキープするほどの人気キャラです。
豊富な表情差分から、数々の名言迷言を生み出したりしています。

タイトルに猫とあるとおり、たくさんのねこが登場します。
コンプリート要素にねこ図鑑なるものも存在し、登録できる数は Ver2.6.00 で108匹!
冒険中は足元に1匹ついてきてくれ、図鑑に登録した好きな子をお供にできます。
第1部クリア後には、ねこだけで冒険できるシナリオも用意されています。

イマイチなところ

無料ガチャ少なめ?

グラブルとの比較になってしまうのですが、記念時の無料ガチャは控えめな印象?
今のところ最大は10回分の石 + 10日間ログインボーナスで1回分の石と1回無料 + 期間内に10日ログインすることで最高レアキャラ確定1回無料です。

配布以外の石の入手方法は、以下の通り。

  • ログインボーナス(1/5回分)
  • CM動画閲覧(1日1度、1/10回分)
  • 特定条件を満たすことでもらえる勲章の報酬
  • クエストクリア報酬

報酬を取りつくしてしまうと、期間限定で開催されるがんばればがんばるほど石もらえる系のイベントがないため、その分少なく感じてしまうんでしょうか…

グラブルの年2回最低200連ガチャ無料とかがおかしいだけなのかもしれませんが、無料でガチャをぶん回したい欲を満たすのには向かないかと思います。

メインキャラのレアリティ上げ

メインストーリー配布キャラのレアリティ上げるのに結構な周回が必要です。
さらに1日に周回できる数に限りがあるため、日数がかかります。

私は主人公はアイテム交換なしで集めたので18日かかりました。
メインキャラ、せめて主人公くらいもう少し気持ちよく上げさせてほしかったです。

第2部あたりのモヤっと感

主人公迷走しがち

第1部クリア後に新たな主人公の目的が示されるのですが、第2部中編プレイ中ですが一向に進んでる実感がありません。
早く解決するとゲームの寿命が縮まるとしても、いくら主人公がお人好しでも、メインストーリーと銘打つからには己の目的に邁進して欲しいです。
他のことをさせたいならサイドストーリーでいいじゃないですか…

また、第2部や一部の外伝で、主人公のこれまでの成長がリセット、むしろ退行したかのように考えが浅はかで血の気が多くなってる気がします。
主人公に愛着があるがゆえになんかつらい…

ガチャキャラ乱入

第2部で一部のガチャキャラが唐突に冒険に同行して、主人公たち置いてけぼりの愛憎劇を繰り広げ、何がしたかったのかよくわからないまま退場していきました。
ガチャで入手済みだとよかったのかもしれませんが、まったく意味が分かりません。

これまでも外伝とかで未入手のガチャキャラが登場して、同行したり、主人公よりも大活躍したりはあったのですが、大活躍に見合った丁寧さでキャラが描かれていたように思うのですが…

まとめ

3ヶ月間十二分に楽しめました。
基本無料で質が良いので、RPG 好きでまったり遊びたい人にぜひおすすめしたいです。

第2部あたりからは「んんん~?」という雲行怪しいところもありますが、同時に追加された長編サイドストーリーは手放しに楽しんでいるので、私はプレイ続行してこのまま見守っていきたいと思います。

また、コンテンツやりつくしてアプデ待ちみたいな状態のユーザがわりと多いようで、開発、運営の皆さまにはぜひともがんばっていただきたい。
応援しています!

最後に、自分はにわかなので語れないのですが、「クロノトリガー」のクリエータ陣が開発に関わっているらしく、ささる人もいると思いますので一応添えておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました